ロイヤルクラス日誌

アラビアンナイトonイースターエッグ

 2017年2月1日

2017年最初のロイヤルクラスが神戸校で始まりました。

前回白磁の形状にきれいに沿うよう細やかにトレースを行ない、アラビアンナイトの花瓶などの可愛らしい小物を描き、未焼成でお預かりしていたイースターエッグの続きです。今回は王子を描きました。

「はじめに用意していただくカラーはフラワーレッド、筆はドローイングブラシです。」
スーザン先生のデモンストレーションが始まりました。
描き進むにつれて、それぞれの王子に個性が表れてきます。
「(今)スーザン先生が描いているのは、お見本よりもイケメンになりそうな気がするわ。」

アラビアンナイトや真夏の夜の夢、動物、人物など、顔を描く場合、プロでさえピース毎にどことなく違った表情になるもので、手描きの楽しさのひとつです。

後工程でのハンドリングを考えて、王子を描き終えたところで焼成。球体の白磁に描く場合、焼成をせずに両面を描き進めるのは、大変なものです。
次回は、ペアイースターエッグのもう片方、真夏の夜の夢“花の妖精”に入ります。(神戸校/1dayセミナー)

ロイヤルクラス日誌一覧へ戻る