ロイヤルクラス日誌

幻獣

 2014年6月4日

一見”インディアン ペインティング”のように見えますが、実は一線を画したもので
ファクトリー(マイセン)において一目置かれていたペインターの代表作です。
高名な絵描きによる模写が文献で紹介されているほど。

授業の回を重ねるごとに愛着が深まり、生徒さんから命名のリクエストをいただきました。
麒麟が基になっているであろう子(?)が「アーニー」
虎が基になっているであろう子(?)が「グスタフ」

東洋への憧れと想像力の融合したエキゾチックなモチーフは
見るほどに味が増してきたようです。(神戸/Aクラス)

RD_20140603_1

RD_20140603_2

RD_20140603_3

ロイヤルクラス日誌一覧へ戻る