ロイヤルクラス日誌

真夏の夜の夢

 2015年2月7日

前回からのつづきです。

今日はカップとソーサー両方の仕上げです。
カラーのセカンドステップと、絵に彩りを添える金彩の工程です。

デモンストレーションが進むにつれ、妖精たちや動物たちの濃淡が深くなってゆきます。
完成に近付いていくにつれ、モチーフがふわっと浮かび、本当に楽しいものです。
RD_20150207_2

「髪の毛は思いきって大きなストロークで。きれいなカーブで描きましょうね。」
すこし悩んでいらした生徒さまの作品に、スーザン先生が筆を入れます。
「ファーストステップの流れに沿って。でもなぞるわけではありませんよ。」
ふわりと風になびく髪になりました。

カラーの工程を終え、金彩を施します。スペースがバランス良く埋まってゆきます。
RD_20150207_1

焼成後、磨かれ発色した金が彩りを添える作品をみるのが楽しみです。(神戸/1dayクラス)

ロイヤルクラス日誌一覧へ戻る