ロイヤルクラス日誌

グリーンワトー

 2015年5月31日

前回からのつづきです。
バロネス(レディー)とプリンセス(少女)の世界を飾る花々を描きました。

バロネスに添えられた小さなブーケたちとプリンセスを彩るブーケ共に
3つの工程を要します。
「ダークパープル約10にブラック約1のブレイキングカラーで描きましょう。」
とスーザン先生。
生徒さまが「ブラックが多いかしら…」と口にしながらパレットをお持ちになり
スーザン先生が確認していました。
ハイレベルなモチーフのセミナーで、度々耳にする”ブレイキングカラー”
色の配合に迷うところです。
RD_20150530_1
マイセンの絵付けの中で歴史的なモチーフとして名高いグリーンワトーと共に
描かれてきた添え花もまた、主に線描きで形作られています。
メインモチーフとの共通点と言えるでしょう。モチーフの大きさに関わらず
描き込まれ方は同等です。

プリンセスが描かれた花瓶のバックモチーフであるブーケをメインにRD_20150530_2
バロネスに彩りを添える小さなブーケたちや、ペンセットに散りばめられた小花たちを使って、プレート&カップソーサーのセットを自分で描いてみたいとおっしゃる生徒さまがおられました。

滞在期間中にスーザン先生がレイアウトデザインを考えて、生徒さまにお伝えする予定です。(神戸校/Dクラス)

ロイヤルクラス日誌一覧へ戻る