ロイヤルクラス日誌

ダークパープル リッチフラワーブーケ

 2015年6月29日

2日目はプレートの仕上げです。
「皆さまの焼き上がりに合わせて描いてゆきましょう。ポイントはお見本を参考に。
1stステップをすべて塗り重ねるのではありませんよ。
下地を活かした表現になるように。」
同じモチーフであったとしても、手描きである以上、自分の描く作品も
一点いってんに個性を持っている、とスーザン先生が話してくれることがあります。
RD_20150623_1
2014年10月の日誌ですこし触れましたが、このセミナーでは、二種のグリーンを
使用しています。ハイグレードのダークパープル単色のフラワーブーケであっても
一色のグリーンで描かれた作品が多く、二色のグリーンで描かれたものは、
王族などへの献上品として描かれていたため、数は多くなかったそうです。

今回のモチーフは歴史的にも古く、描き込まれたハイグレードの作品なわけですが
皆さま頑張って描かれましたね、とスーザン先生が話してくれました。
窯出しした作品は、次回スーザン先生が仕上げを行い、皆さまにお渡しする予定です。(東京校/Bクラス)

ロイヤルクラス日誌一覧へ戻る