ロイヤルクラス日誌

プレイング チルドレン

 2015年10月1日

前回からのつづきです。
1日目は子供たちの衣装の引き上げ、2日目は添え花たちや蝶を描きました。

今回のモチーフ「プレイング チルドレン」は、以前より制作を進めている
時代や作風の異なる6種類のモチーフを、同シリーズ22cmプレートに描く
というプロジェクトのひとつです。
そして、各モチーフの時代背景やスタイルに合った小花を散りばめて
ペアのカップソーサーを制作します。

メインモチーフの仲睦まじく遊ぶ子供たちの衣装に中間色をのせました。
「マイセンのヒストリカルモチーフ。その時代に描かれた工程を再現しながら
描いてゆきましょう。この工程で大切なのは、焼成後、影やアクセントを
入れることを前提に、ライトカラートーンで描くことです。」
RD_20150929_1
2日目は、メインモチーフを飾る添え花たちと、カップソーサーを彩る小花たち、
作品の中に舞う蝶を描きました。

トラディショナルフラワーとの共通点はあるものの、異なるスタイルで描かれる花々。蝶やてんとう虫は、1日目に焼成しておいた第一工程の上に第二工程となる
1st stepのカラーをのせました。
RD_20150929_2スーザン先生は、1st stepのサンプル作成のため、デモンストレーションでは
プレートに描いて、生徒さまにお見せしました。
皆さま、細やかに描かれているスーザン先生のお見本をご覧になりながら、一つひとつ確認しながら描いておられました。

回を重ねるたびに色づく情景。そして、カップソーサーに色が入ったことによって作品としてのイメージも浮かんできました。
完成するのが楽しみです。
また、同プロジェクトの6客6枚が揃ったときには、皆さまにお見せできれば
と思います。(神戸校/Aクラス)

ロイヤルクラス日誌一覧へ戻る