ロイヤルクラス日誌

スプリング フラワー(キャニスター)

 2015年10月18日

今回から新たに始まった「スプリング フラワー」。
RD_20151015_1お見本となるのは、二本の円筒のキャニスターです。
ひとつは“スミレとバターカップ”、もうひとつは“ヤブイチゲと忘れな草”がメインのモチーフです。
それぞれの背面には、メインのお花たちをあしらった小さなモチーフ、蓋にはメイン二種の小花が描かれています。

今回は、これら二本に描かれているモチーフを一本の角筒のキャニスターに描きます。
「まさか、二本のキャニスターすべてのモチーフが描けるなんて。」
と生徒さまから喜びの声をいただきました。
当日、マイセン窯で製品を描いていたスーザン先生が「VIPオーダーね!」と楽しそうに各モチーフのレイアウトを決めて、デモンストレーションが始まりました。

「まずは“スミレとバターカップ”のモチーフを、キャニスターのフロント、
サイド、トップ、リッド(蓋)にトレースしましょう。
はじめに用意する色はバイオレットです。」
皆さまがトレースを終え、デモンストレーションがはじまりました。
「ナチュラル ペインティングのマイセン スプリングフラワー、濃くならないよう、
やさしく描いてゆきましょう。」
RD_20151015_2
一枚の花弁の中にある、一つひとつの影の微妙な濃淡を意識しながら、
皆さま描きはじめ、終えられた方からスーザン先生のチェックがはじまりました。
「ソフトに描けていますね。手前の花弁の模様は、もうすこしクリアに
形取られているほうがよいわね。」
と、スーザン先生が生徒さまの作品に筆を入れました。
「ふんわりとしているのに綺麗に模様が見えるようになったわ。」
と頷いておられました。

そうしてセミナーは進行し、あっという間に1日目が終了。
気がつくと、皆さま全てを描き終えておられました。

2日目は、1日目に描いたモチーフが焼成されたキャニスターにトレースから
スタート。同様に、セミナーは進行し、“ヤブイチゲと忘れな草”の
モチーフを描き終えて窯入れ。
RD_20151015_3

皆さま、ほんとうにやさしい色調で、ソフトに描かれておられました。
次回は2nd stepとなります。どのように仕上げられてゆくのか楽しみです。
(東京校/オプション)

ロイヤルクラス日誌一覧へ戻る