ロイヤルクラス日誌

千夜一夜 *フルセット*

 2016年5月25日

2016年初夏のロイヤルクラスが始まりました。
第1日目は千夜一夜のプレート、前回からのつづきです。

床の模様の2nd stepから描き始めました。
大きめの輪、その中の丸、そして輪と輪の間の丸の濃淡についての
法則性を説明しながらスーザン先生のデモンストレーションが始まりました。
「輪は基本的にすべてを上塗りしましょう。あまり濃くならないように気をつけて。
またこれに関しては1st stepからはみ出さないようにしましょう。」
RD20160524_1

床を仕上げて、予定通りメインモチーフの金に入りました。スタビロでトレース
を行ない、盛るように描いてゆきます。
「衛兵の刀の模様もまた素敵ね。でも細かいわ。」
RD20160524_2
上画像は、生徒の皆さまのお手元にお配りする写真(L版)です。
ロイヤルクラスでは、デモンストレーションの都度撮影します。
スーザン先生の筆使いや描いた箇所などを確認しながら描き進めることができます。

千夜一夜や真夏の夜の夢の作品などで行う、”抜き”の技法に使うスティックの話で
盛り上がりながら皆さま楽しそうに描いておられました。

今回で完成となった本作品。
ペアとなるカップソーサーを描きたいと生徒さまからご希望をいただきました。
(神戸/1dayクラス)

ロイヤルクラス日誌一覧へ戻る