ロイヤルクラス日誌

アラビアンナイト-ナチュラルソフト

 2017年5月25日

前回からのつづきです。
カップの背面に描かれたクッションにふわりとかかるストール。
そっと置かれた薔薇の花。
今回、その持ち主が明らかになりました。
“贈られた薔薇の一輪を手に、うれしそうに想いにふける女の子”

「グラフィックスタイルとは異なるスタイルということを、頭において描きましょう。」
スーザン先生のデモンストレーションが始まりました。
このシリーズの大きな特徴のひとつ、混色によるボディーライン、箇所ごとに合った太さの線描きです。

女の子の顔、ボディーライン、洋服など、混色で描きながら、ポイントとして単色も織り交ぜます。
「髪の毛を描く前に、小さなターバンを描いておきましょう。カラーはマリンブルーです。」

同じシリーズをつづけて描くことは、技術の向上に繋がるとスーザン先生は言います。
その中でも、特に“トラディショナルフラワーペインティング”はそれに向いており、繋がりがあるとも言える“真夏の夜の夢”や“アラビアンナイト”もそういったシリーズにあたるそうです。

皆さま、カップのメインモチーフである女の子のカラーを終え、絵の中の金をのせて焼成棚へ。明日はソーサーの1stステップを描きます。(神戸校/Dクラス)

ロイヤルクラス日誌一覧へ戻る