ロイヤルクラス日誌

アラビアンナイト-ナチュラルソフト2

 2017年10月1日

ロイヤルクラスで描いている“アラビアンナイト(ナチュラルスタイル)”。
このシリーズは現在、ふたつのクラスで描かれているわけですが、後のクラスでも完成に向けての工程に入りました。一日目の工程は、前のクラスで紹介した日誌と同じ進行内容です。

二日目は、カップの背面の“クッションにふわりとかかるショール。そこに置かれた二輪の薔薇”から描き始めました。

「カラーはフラワーレッド。ローズのセカンドステップです。一輪は濃いイメージ。もう一輪は薄いイメージ。共にライトカラートーンです。
この時、カラーの色調を上げてではなく、コントラストの発生での表現を心掛けましょう。」

各ステップのデモンストレーションの後、工程写真が手元にくるまでの間、プラクティスプレートを使って練習される生徒さま。カラーのコンディションや色調を確かめた上で、作品に描かれておられました。
そして順調に、プレート、ソーサーと描き進んでいきました。

目や髪のセカンドステップで色の入ったプレートのメインモチーフ“バンジョー(弦楽器)を奏でる女の子”を描いた皆さま。
「どんな音楽を奏でているのかしらねっ?」

各々の作品をチェックするスーザン先生から
「この子は楽しく元気に奏でているわね。」
「こっちの子は夢見るように静かに演奏しているわね。」
と感想がありました。
特に人物は、描き手によって雰囲気が異なってきます。
手描きならではですね。

今回で全てのピースが完成し、次回からは新しい図案を描き始めます。
(神戸校/Dクラス)

ロイヤルクラス日誌一覧へ戻る