魅惑のポーセリンペインティング

欧州18世紀より伝わる"ポーセリン ペインティング(磁器上絵付け)"
光沢のある白い磁器に、花やフルーツ、風景や人物など様々な絵を
筆で描き施すものです。

絵付け師による上絵付け(手描き)は、時代の中、様々な形で人の目に
触れ、いつしか“自分で描く”趣味として楽しまれるようになりました。

ギャラリー ピュイ・ダムールは、スーザン・クノブロッホが長年にわたり
欧州の名窯で培った技術と知識を基軸に、マイセン、ヘキスト、KPMなど
幅広いスタイルの本格的なペインティングを、女史と女史に師事する講師
と共に伝える絵付け教室です。

基礎から応用のテクニック、様々なモチーフ、作品を飾る金彩など
実際に"見て描く"という方法をとっておりますので
すでに絵付けをされている方はもちろん、筆を持つのは初めてという方まで
絵付けを感じながら学び、楽しんでいただけることと思います。

資料や道具のご提案、素敵な作品やオーダーメイドの制作など
"絵付けを楽しむ"ご相談も承っております。